「アトピーの症状」の記事一覧

遺伝について

アトピーは遺伝するの?
ご両親がアレルギー体質だったり、赤ちゃんのお肌の調子がわるいと、当然のこのような心配がでてきます。

自律神経失調症症状

近年、アトピー患者がぞうかしています。赤ちゃんのアトピーも心配です。
アトピーの主な原因については、遺伝子の要素が大きいといわれています。
たま、食べ物、生活環境によって、アトピーの症状に大きく影響してるといわれています。
親、特に、母親の生活習慣が、赤ちゃんのアトピーに影響することを心配してる人も多いようです。

乳児湿疹とアトピー

赤ちゃん、乳児湿疹とアトピーの違いを見分けるのは難しいことです。
性格には、医師に判断にまわせることとなります。

皮膚科:アトピーの乾燥肌

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんのころ、乳児期から始まる、慢性の湿疹です。
子供の頃にきれいになることもあれば、成人しても皮膚炎がひどいこともあります。
また、最近では大人になって初めて、皮膚炎が出てくる人が増えています。
判断は皮膚科でしてもらいます。

アトピーの原因

アトピーの原因は赤ちゃん、乳幼児、と大人では違います。
大きく分ければ食べ物やダニなどのアレルギー物質によるもの、ストレスなどや乾燥肌といったアレルギー以外と、大きく二分されます。

アトピーと顔

アトピー性皮膚炎は、全身のいろいろな部分にかゆい湿疹があらわれます。
特に、顔に症状が出やすいのが赤ちゃんや幼児と違って、大人のアトピーの特徴です。

成人アトピー

成人になって突然アトピーが出たり、子どもの頃いったんは治ったのに、
成人してまた発症するというケースが増えてきました。
成人アトピーの多くはストレスの部分が大きくなったために、
コップから水があふれたのかもしれません。

色素沈着

アトピー発症後、色素沈着が生じる場合があります。
これは、炎症で表皮からメラニンが、真皮に落ちて留まっている状態で普通は、半年位で無くなります。長期に存在するもはもう少し時間がかかります。

大人のアトピー

大人のアトピーが増加しています。治療赤ちゃんや子供のアトピーと異なり容易ではなく、一人一人に対応した治療が必要となります。

赤ちゃんアトピー症状

特に間違えやすいのは、生後1ヶ月~半頃の赤ちゃんで、頬やおでこの部分を中心に湿疹が現れる場合です。
これは、多くの赤ちゃんに症状が見られる、「乳児湿疹」というもので、アトピーとは違います。

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ