「アトピーの治療」の記事一覧

リバウンド

アトピーの症状があり、長期にわたって、ステロイドを使用していた方が、自己判断で、急にステロイドをやめてしまった場合などに、一気に症状が悪化してしまうことがあります。
これを、リバウンドといいます。

木酢液

木酢液は、あるいは竹酢液としてしらているかもしれません。
木酢液はかゆみを抑える高ヒスタミン効果がある、ポリフェノールを大量に含みといわれています。
最近では、アトピー用に抗ヒスタミン薬のが、かゆみを抑える薬として、使用されています。

アトピーの改善

アトピー性皮膚炎の方にとって、体質改善は生活の上で重要なことだと思います。
基本的にアトピー性皮膚炎の体質改善は、体が実用以上に抵抗を示す体質、から自体の抵抗力を強めることにあります。

アトピーの対策

アトピーになってしまったら、とにかく悪化させないことが、大切です。
アトピーは強いかゆみで、なかなか直りにくいです。
また、季節によって、アトピーの症状には変化があり、非悪的、冬の乾燥した季節には悪化する可能性が高いです。
また、年齢とともに、症状に変化があります。

アトピーの治し方

アトピー性皮膚炎(湿疹、皮膚炎)は、なかなか完治とは行かないのが現状です。
ステロイド、漢方、食事療法、生活慮法、アロマ、温泉療法など、いろいろありますが、なかなかよくなりません。

竹酢液

竹酢液はかゆみを抑える高ヒスタミン効果がある、ポリフェノールを大量に含みといわれています。

体質改善

アトピーは遺伝子による要因が大きいので、遺伝子治療法が確立して治療を受けられるようになれば、一度の治療でアトピーを完治させることができるようになるかもしれません。

水3

入浴時のアトピーと水に含まれる塩素の関係については、どうでしょうか?
いくら入浴時に塩素対策で塩素除去をしたとしても塩素たっぷりのシャワーを勢いよく浴びちゃったら結局アトピー悪化となってしまいます。

水2

現在の日本に水道に塩素は欠かせない成分となっています。
水道水に含まれる、塩素が直接アトピーの症状を引き起こす原因とはいえません。
しかし、アトピー症状が出た後など、皮膚が過敏になっているときに、塩素の多い、プールなどにはいり、特に、赤ちゃんなど、症状が悪化する場合が多いようです。

水1

水道水に含まれる、塩素が直接アトピーの症状を引き起こす原因とはいえません。
しかし、アトピー症状が出た後など、皮膚が過敏になっているときに、塩素の多い、プールなどにはいり、特に、赤ちゃんなど、症状が悪化する場合が多いようです。

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ