「アトピーと赤ちゃん」の記事一覧

アトピーと乳児

乳児期の赤ちゃんに湿疹ができると、「アトピー?」と心配になります。
しかし、乳児湿疹で、アトピー性皮膚炎ではない場合もあります。
乳児期の赤ちゃんの肌はデリケートですので、すぐに決め付けないで、
医師に判断してもらいましょう。

赤ちゃんのアトピーと湿疹

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、脂漏性湿疹と似ていますが、ひじや足首の関節部分にできたり、耳切れと言われる耳のつけ根がただれて切れたような状態になるなどの特徴があります。

妊娠とアトピー4

妊娠中のアトピーの心配といえば、赤ちゃんをアトピーから守ることでしょうか。
両親がアトピーだったり、お母さんがアトピーだったりした場合、赤ちゃんに受け継がれるのではないかと、心配になります。

妊娠とアトピー3

妊娠中のアトピーの心配といえば、赤ちゃんをアトピーから守ることでしょうか。

妊娠とアトピー2

お母さんがアトピーで、妊娠中に薬を使うのが、心配です。
そんなときには、主治医に妊娠を伝えて。自己判断しないことが大切です。

妊娠とアトピー1

妊娠中のアトピーの心配といえば、赤ちゃんをアトピーから守ることでしょうか。
両親がアトピーだったり、お母さんがアトピーだったりした場合、赤ちゃんに受け継がれるのではないかと、心配になります。

子供とアトピー

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状は年齢によって違います。
また、原因も大人と違って、食物による場合が多いようです。

アトピーと赤ちゃん

アトピーの赤ちゃん。薬や食事も大切ですが、衣類も気をつけたいものです。
真っ先に思い付くのは手袋。
手袋をしていないとアトピーで赤ちゃんがかゆがって、掻き毟って症状が悪化してしまいます。

乳児アトピー

赤ちゃんのアトピー、乳児アトピーの特徴は、耳切れと湿疹が顔面や頭部など首から上の部分に出やすいことです。

アトピーの赤ちゃんの薬といえば、主に3種類のものを症状にあわせて、使用していきます。

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ