「2006年9月」の記事一覧

水2

現在の日本に水道に塩素は欠かせない成分となっています。
水道水に含まれる、塩素が直接アトピーの症状を引き起こす原因とはいえません。
しかし、アトピー症状が出た後など、皮膚が過敏になっているときに、塩素の多い、プールなどにはいり、特に、赤ちゃんなど、症状が悪化する場合が多いようです。

水1

水道水に含まれる、塩素が直接アトピーの症状を引き起こす原因とはいえません。
しかし、アトピー症状が出た後など、皮膚が過敏になっているときに、塩素の多い、プールなどにはいり、特に、赤ちゃんなど、症状が悪化する場合が多いようです。

丹羽 式 アトピー 療法

丹羽 耕三(にわ こうぞう)
昭和37年、京都大学医学部卒業。
医学博士。丹羽免疫研究所所長。

馬油

馬油は肌が荒れた状態の時、繁殖しがちな細菌やウイルスから細胞を守ることができ、自然治癒力による肌の修復を助けます。
肌が乾燥してしまう、アトピー肌には馬油の効果があるという人もいます。

乳児湿疹とアトピー

赤ちゃん、乳児湿疹とアトピーの違いを見分けるのは難しいことです。
性格には、医師に判断にまわせることとなります。

小児のアトピー

小児のアトピーといっても、アトピーの症状は赤ちゃんのころから、現れます。
最近ではかなりなお子さんが、アトピーの症状をもつようになっています。

皮膚科:アトピーの乾燥肌

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんのころ、乳児期から始まる、慢性の湿疹です。
子供の頃にきれいになることもあれば、成人しても皮膚炎がひどいこともあります。
また、最近では大人になって初めて、皮膚炎が出てくる人が増えています。
判断は皮膚科でしてもらいます。

アトピーの専門医

アトピー性皮膚炎の治療を行う、皮膚科の専門医とはどのようなものでしょうか?
これは、
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医規則
にて、詳しい情報がかかれています。

妊娠とアトピー4

妊娠中のアトピーの心配といえば、赤ちゃんをアトピーから守ることでしょうか。
両親がアトピーだったり、お母さんがアトピーだったりした場合、赤ちゃんに受け継がれるのではないかと、心配になります。

妊娠とアトピー3

妊娠中のアトピーの心配といえば、赤ちゃんをアトピーから守ることでしょうか。

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ