「2006年8月」の記事一覧

皮膚科

アトピー性皮膚炎の場合は当然ですが、治療は皮膚科になります。
アトピー性皮膚炎にはステロイドやプロトピックの外用と抗ヒスタミン薬を内服すます。

ビオチンアトピー

ビオチンとは、かつてはビタミンHと呼ばれていたが、ビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。
アメリカでの調査では善玉菌によるビオチンの生産不足によってアトピー性皮膚炎や掌跡膿胞症(掌蹠膿疱症・掌蹠膿胞症・掌せき膿胞症)になってしまう方が発症者全体の40~50%いるそうです

石鹸

肌が敏感になっている、アトピーの症状のばあい、できるだけ、刺激の少ない石鹸をつかったほうが良いです。
赤ちゃんがつかう、ベビー石鹸なども良いようです。

アトピーの原因

アトピーの原因は赤ちゃん、乳幼児、と大人では違います。
大きく分ければ食べ物やダニなどのアレルギー物質によるもの、ストレスなどや乾燥肌といったアレルギー以外と、大きく二分されます。

カルピス

カルピス、ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株にアトピー性皮膚炎への有効性を確認

アトピーに効く

アトピーに効く○○というと、民間療法として、色々ありますが、民間療法にたよるあまり、勝手に薬事治療を中止して、かえって、症状が悪くなる場合があります。

アトピーと顔

アトピー性皮膚炎は、全身のいろいろな部分にかゆい湿疹があらわれます。
特に、顔に症状が出やすいのが赤ちゃんや幼児と違って、大人のアトピーの特徴です。

成人アトピー

成人になって突然アトピーが出たり、子どもの頃いったんは治ったのに、
成人してまた発症するというケースが増えてきました。
成人アトピーの多くはストレスの部分が大きくなったために、
コップから水があふれたのかもしれません。

アトピーの名医

どのような医師がアトピーの名医といわれるのでしょか?
気になるのはステロイドの使用方法でしょう。

顔のアトピー

使用法を誤ると、問題のあるステロイドですが、顔のアトピーに対して、ステロイドを塗るのはどうでしょうか?

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ