「2006年7月」の記事一覧

漢方製剤(治頭瘡一方)

治頭瘡一方(ちずそういっぽう)
アトピーの症例で現在、診療機関で繁用される漢方処方です。

漢方製剤(消風散)

消風散(じゅうみはいどくとう)
アトピーの症例で現在、診療機関で繁用される漢方処方です。

漢方製剤(十味敗毒湯)

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
アトピーの症例で現在、診療機関で繁用される漢方処方です。

漢方治療

各大学病院に「東洋医学外来」で、皮膚科(アレルギー)、アトピー治療なども正式に設置され、東洋医学をも専攻された医師らが率先して、「漢方診療」を実施し、東洋医学(漢方薬、鍼)などを積極的に取り入れる先生方が増えてきました。

皮膚科アトピー

アトピー性皮膚炎の主な症状は、長く続く湿疹です。
湿疹は治ったかと思うと、またひどくなる…といったことを繰り返し、特に肘や膝といった部分に顕著に症状が出ます。従って、症状がある場合は皮膚科に診断してもらいます。

病院

アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症のうち、アレルギー反応と関連があるものです。
従って、アトピー病院を探す場合、日本アレルギー学会などのアレルギーに関係する学会のサイトから専門医を検索を利用すると良いでしょう。

治療

ひとことで、アトピー治療といっても、人によって異なります。
さまざまな治療法の情報を知り、自分にあった治療法を見つけることがよいでしょう。

赤ちゃんアトピーのケア

赤ちゃんアトピー皮膚を清潔に保ち、薬を正しく塗る、が基本です。

赤ちゃんアトピー

アトピー性皮膚炎とは

サブコンテンツ

赤ちゃんアトピーとは、アトピー性皮膚炎とは?

かゆみの強い湿疹が現れます。そしてそれがよくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。昔は乳幼児(赤ちゃん)に多いアトピーでしたが、最近では大人になってからアトピーを発症する人も増えています。 赤ちゃんの場合、最初は湿疹とアトピー性皮膚炎との区別がつきにくく、医師でも診断に迷うことがあります。 一般的に乳児湿疹は1カ月ほどで症状が治まるものですが、長引いているときはアトピー性皮膚炎の疑いがあります。 生後2~3ヶ月ごろから顔や頭を中心に赤い発疹が現れ、2ヶ月以上続く慢性・再発性の湿疹をアトピー性皮膚炎と言います。 アトピーの多くは、生後4ヶ月までに発生します。 一般に幼児期から大人にかけての「アトピー性皮膚炎」のような、皮膚の表層が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないです。 その症状とは、次のような症状となります。 赤ちゃんの場合、最初はほおや口の周りなど、顔を中心に赤い湿疹ができます。これはかゆみを伴い、次第に首やわき、お腹などに移行します。 乳児期は、皮膚の表層が薄いため、耳のうしろやひじ、ひざの裏側など、関節部分の皮膚が切れたりする典型的症状をはじめ、貨幣状などさまざまな形の湿疹が現れたりもします。また、かなりかゆみをともなうために、かいてますますジュクジュクしたり、ばい菌が入って「とびひ」になってしまったりする心配があります。

このページの先頭へ